キレイモ 大宮

脱毛サロンで光脱毛をすると火傷や肌荒れをする。なんて口コミを聞いたことありませんか?

 

確かに、光脱毛も施術を間違えると火傷をすることはあります。

 

実際に2007年に無資格の従業員に光脱毛をさせて、お客様にやけどを負わせたことで摘発された事例もあります。

 

せっかくキレイになるために脱毛サロンに行っているのにやけどをして一生傷…。

 

なんてことにならないように、「光脱毛の仕組み」と「安全な脱毛サロン」の選び方をご紹介します。

 

なぜ光脱毛でやけどが起きるのか?

 

・シミやあざ、日焼けをした箇所に光を照射してしまった。
光脱毛は黒色の色素に反応する光を肌に照射して毛根を破壊するという脱毛方法です。

 

そのため肌が日焼けをしていたりほくろやシミがあるとその部分も反応し、火傷をしてしまうことがあります。

 

・照射が強すぎた。
光脱毛の照射の強さは、サロンのスタッフサンが調節します。
その強さ加減を誤り、強く設定して照射すると火傷をする可能性もあります。

 

照射が強ければ強いほど脱毛効果も期待できるのですが、その分肌への負担が大きくなるため、火傷のリスクが生じてしまいます。

 

やけどをしないために脱毛サロンが取り組んでいること

 

もちろん脱毛サロン側もお客様にやけどを負わしたくはありません。
そのために様々な対策が取られています。

 

・施術前のカウセンリング・肌チェック
施術前にカウンセリングと肌チェックをして、火傷をしないかどうか確認してくれます。

 

・医療機関との提携
万が一施術で肌トラブルが起こった場合、提携している医療機関を案内してくれます。
治療費もサロンが負担してくれるので、万が一の時も安心です。

 

・技術力向上のための社員教育
大手サロンではトラブルが起きないように社員教育に力を入れているところが多いです。
スタッフさんの技術力向上するために、エステティシャン認定資格を受けるなど様々な工夫をされています。

 

・アフターケアサポート
施術終了後、スタッフさんの方からアフターケア方法を教えてくれます。

 

・激しい運動をしない

 

・お風呂につからないで、シャワーで済ます

 

などしっかり施術後のケア方法も教えてくれるので安心ですね。

 

キレイモ 大宮東口店で施術をするスタッフさんは、認定脱毛士の資格を持っていますし、万が一のドクターサポートもあるので安心です(^^)

 

>>キレイモの予約はこちらから予約できます