キレイモ 大宮

ワキの脱毛をした後、ワキに汗をかきやすくなったり臭いが気になるようになった、という人もいるそうです。

 

しかし、通常、脱毛すると汗腺も閉じ、汗をかきにくくなることが多いといわれています。
もともとワキガだった人も、脱毛することで症状が抑えられる効果があると考えられています。

 

それなのに、脱毛後にわきの臭いが気になってしまう人がいるのは、なぜなんでしょう?

 

ワキガの原因

 

ワキガは正式には「腋臭症(えきしゅうしょう)」といいます。
鼻につく臭いが特徴で、海外では珍しくない症状ですが、日本人には少ないので非常にコンプレックスになることが多いみたいです。

 

ワキガの原因は、主にアポクリン汗腺という、ワキにある汗腺から分泌される汗です。
脂肪やタンパク質を含むこの汗が皮膚の常在菌によって分解されると、非常に強い匂いを発生させるのです。

 

ワキガの臭いが強い人は、アポクリン汗腺が多い体質と考えられます。
わきの下を清潔に保ったり、風通しの良い服装を心がけたり、わき用のクリームなどで匂いを抑制することができます。

 

根本的な治療となると、汗腺を除去する手術やボトックス注射という治療法があります。

 

脱毛とワキガの関係

 

では、脱毛をするとワキガになるのでしょうか。
答えは、「NO」です。

 

もともとワキガの臭いというのは、汗腺からの分泌物と菌が混じり、それがわき毛と絡み合い強い臭いになるものなんです。
わき毛がなくなれば、臭いは多少改善されるのが普通です。

 

脱毛後にわきが臭うようになったという人のほとんどは、汗が匂っているのだと考えられます。
脱毛したことでわきに意識がいくようになり、汗や匂いが気になることで、さらに汗をかきやすくなる、という悪循環になっているかもしれません。

 

また、脱毛後に残った毛穴に皮脂などが残り、それが酸化して臭っているというケースもあります。
この場合、自分で毛穴の汚れを搾り出すか、専門医に毛穴を広げてもらうという方法があります。

 

いずれにせよ、一時的なものですぐに治りますので、あまり心配する必要はありません。
脱毛したらワキガになる、というのは間違いなのです。

 

私はまったく気にせずキレイモ 大宮東口店で脱毛です(^^)

 

>>キレイモの予約はこちらから予約できます